トップページへ戻る > 脂漏性皮膚炎(フケ症)を克服するシャンプー

脂漏性皮膚炎(フケ症)を克服するシャンプー

脂漏性皮膚炎(フケ症)は治りにくいといわれていますが、対策方法はいろいろありますので、自分に効果のみられる方法を試しながら探してみたいものです。頭髪シャンプーを選ぶのも一つの方法です。

マラセチア・フルフルというカビ菌が脂漏性皮膚炎(フケ症)の原因ともいわれているために、このカビ菌を退治できる抗真菌成分が入ったシャンプーを使うと症状が好転する方も大勢みられます。フケが多くなったり、かゆみがひどくなったりするために1日に何回もシャンプーをして頭皮を乾燥させてしまい、かえってフケを多くしてしまうケースもみられます。

ミコナゾール硝酸塩という成分がカビ菌の増殖を抑える効果を発揮します。また抗酸化成分や抗菌成分が配合されていると皮脂の酸化を抑えますので、臭いを減らす効果があるのです。カビ菌は皮脂やフケをエサとして増殖していきますが、肌から皮脂をすっかり取り除いてしまうと乾燥肌となってしまい、逆にフケが増えていくこともあるのです。皮脂の除去はそこそこに抑え、カビ菌の活動を低下させることが役立つようです。

シャンプーの中には合成成分を使ったものもあり、そうしたシャンプーで頭を洗うと洗浄力が強力で皮脂がすっかり洗い流されてしまいます。一時的にはすっきりするのですが、人間の肌というのは皮脂を必要としていて、脂分がまったくなくなってしまうとそれを感知して皮脂を増産させていくのです。結果として、頭皮の皮脂が今まで以上に増えてベットリしてしまうこともあります。洗浄力が強いからいい、というわけでもないのです。

関連エントリー

Copyright © 2012 脂漏性皮膚炎を治したい!頭皮の炎症を防ぐシャンプー. All rights reserved