トップページへ戻る > 脂っこい食べ物に気をつけよう

脂っこい食べ物に気をつけよう


脂漏性皮膚炎(フケ症)は、頭皮で分泌される皮脂が多過ぎることから生じるといわれています。皮膚そのものは柔らかく健康でいるためにある程度の脂分が必要なのですが、これが多過ぎるのが問題になるのです。

食習慣を改善することが皮脂の過剰分泌を抑える方法となることがあります。からだの内部に脂肪分が溜まりすぎてしまわないよう、中性脂肪の多い脂身やチョコレート、スナック類、揚げ物などを控えることができます。食べた脂肪分をからだで消費してしまえればそれでいいのですが、現代社会はからだを動かさないことが多くなっています。2階や3階に上げるだけでもエレベーターを使い、歩いていけるコンビニにも自動車で乗り付けてしまう。わざわざそうしている訳ではなくても、人間楽なほうに流れるのが自然というものです。食べたカロリーをすべて消費しないなら、オーバーカロリーとなり、体内に脂肪分があふれることになり、それが頭皮ににじみ出てくるのです。

逆に多く食べたいのがビタミンB群を多く含む食品です。レバー、豚肉、ほうれん草、シイタケといった食材を多めに食べるようにしたいものです。そうしたビタミンB群は、体内で脂肪を分解して燃焼させ、エネルギーに変換する働きをしています。ですからビタミン群の多い食事をすれば安心という訳ではなく、からだを努めて動かすことによってカロリーを燃焼させ、頭皮の皮脂を過剰に分泌させないよう仕向けていきましょう。おいしいものはちょっとだけ味わえばいいのです。

関連エントリー

Copyright © 2012 脂漏性皮膚炎を治したい!頭皮の炎症を防ぐシャンプー. All rights reserved